FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

犯されたネクロマンサー8

カミラはゾンビたちから言いように扱われてしまう。
耳や胸を欲望のはけ口にされ、白く汚されていく。
抵抗も空しく、凌辱の宴は終わらない。

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村



 カミラは声の限り叫び、手足をばたつかせる。上半身を起こそうとすると、ゾンビはす
さまじい腕力で女体を抑えつける。カミラの顔面を掴み、後頭部をその場に固定する。
 鈍痛が脳天にきらめいた。締め付けられた頭蓋骨が、痛々しい軋みをあげる。

 土煙りが舞う。

「あぁ、俺……もう我慢できねぇ。はやく、犯、したかった……」

 舌舐めずりをしたゾンビは、カミラの首筋を舐めまわす。温かな唾液が肌にくっついた。
あまりにも薄気味悪くて、鳥肌が立ってしまう。ゾンビの腐臭が立ち込めた。腐った肉は、
鼻が曲がりそうな臭いを放つ。

 敏感な身体は、そんなふざけた愛撫にも感じてしまうのだ。自分がうらめしい。

「やめ、てぇえぇっ、この身体に……触れないで!」

 裏切られた心境は最悪だった。焦燥感に身をこがしカミラは、駄々っ子のように暴れる。
目のまえが赤くそ染まる。ふつふつと怒りがこみあげ、ポーカーフェイスがくずれてしまう。

――さいてい、最低……私をないがしろにしてぇ! 

 無数のゾンビが襲いかかり、好き勝手にカミラの肌をまさぐる。

 揉みたくられた乳房は、いやらしくたゆむ。息の合った二人がぴったりのタイミングでカ
ミラを追いつめる。生臭い息を吐き散らす、病的な唇が乳首に触れた。軽いキスから始まり、
荒くついばんでいく。双乳はゾンビにいじられ、鮮やかに色づいた。獣のむさぼりつきは勢
いをましていく。乳頭にすいつき、乳首の側面を舐め、しまいには乳首に歯を立てる。

「あひ!ひぎっ、あぎぃぃぃっ、か、噛むなぁぁぁぁあぁぁっ!」

 噛みちぎられそうな勢いだった。

 ゾンビの口が離れると、生々しい感触が乳首に訪れる。カミラは苦痛にのたうちまわった。
外気にふれた乳芽は、鋭い刺激に震えてしまう。歯形がかすかに残り、赤い雫がぽつりと浮
かぶ。毒々しい鮮血。胸の曲線を這い、滑らかにに肌をつたっていく。

「おっぱい……あったけぇ」
「くぁぁあぁぁぁっ、あぁ!んむむむむむぅ、け、けがらわしぃぃぃぃっ……」
「ずいぶん、エロい乳だ……こんなものでぇ、誘惑す……るなよ……犯してくださいって…
…主張、してる、ようなもん……だろ」」

 無数の手がカミラの身体を這いまわった。靴は脱がされ、むき出しになった足。ゾンビは
土踏まずの感触を手で楽しんでいる。濡れた舌を肌に這わせ、足の裏を唾液まみれにする。
太ももを執拗に撫でまわし、ひかがみを丁寧にさする。おへそのくぼみを舌先でほじくられ、
カミラは切なさに下腹を波うたせる。

「はううぅ、あぁっ!私に……ひぅぅぅぅぅん、さか、らうなぁぁぁあぁぁぁっ!」

 カミラの体臭とゾンビの腐臭が、まざりあう。濃密な臭いがこもり、空気が熱気をはらん
だ。

「ねぇ……あなた、たちばかりずるい……私もまぜてよぉ……」

 胸のうすい肢体。かわいらしい体形の女性が、ゾンビを掻き分けてくる。うっすらとした
下半身。贅肉をそぎ落したスマートな肢体だった。待ちきれないとばかりに、股間からは涎
をはき出ている。陰唇がひくひくと開閉した。色素のうすり肉ビラは、男根の形に穴を開け
ている。

 今日、最後の実験体だった。

 愛くるしい表情で、頬が赤く染まっている。端にさげた眉根ははじらうばかりだ。衣服を
脱ぎすて、裸体をさらす。

「ご主人さまぁぁっ……エッチなこと、たくさん……してくださいぃっ」

 女性は酷薄に笑んだ。

 他のゾンビとおなじく瞳はうつろだ。濁った瞳孔には何も映らない。
 女性はカミラの胸をついばんでいたゾンビを押しのける。覚束ない足取りで、艶めかしい
肢体をカミラに密着させる。火照った女性の身体は汗で潤んでいた。肌が触れ合い、瑞々し
く震える。生々しい肉感だった。盛りのついた身体は熱に浮かされてしまう。

「離、れ……くふっ、なさ、あぁ、んふぅっ……い」
「素敵な身体ぁ……以前から……触れ、たいと……願って、いました。それが叶うなんて」

 女性のまつ毛は切なげに震える。唇から熱い吐息が漏れ、カミラの柔肌をくすぐる。

 四つん這いになった女性は、真正面からカミラを抱きこんだ。小さな乳房がカミラの豊乳
にうずもれる。汗ばんだ肌はつややかだ。いびつに食い込んだ双乳は卑猥に形を崩している。
温かな潤いに溢れた肌の触れ合い。人肌のぬくもりが甘美で、カミラは倒錯的な快感におぼ
れてしまいそうだ。

 しもべに言いように扱われるのは、屈辱の極みだった。発情した身体はゾンビの愛撫にす
ら昂ってしまう。感じているのを認めたくない。

――主に逆らうなんて……許されないのに……

 女性は可憐な顔を恥じらいに染め、艶めかしく喘ぐ。触れあう身体をゆっくりなすりつけ、
柔肌の感触を堪能している。股間がぶつかりあう。濡れた陰毛が絡まりあい、粘ついた愛液
をまぶした。

「はぁ、あはぁ、はぁあぁぁぁん……ご主人さまぁぁぁっ……やわ、らかいぃ、お肌ぁぁぁ
っ」

 女性の陰唇からは、とめどなく体液がこぼれる。会陰をつたい、じっくりカミラの肉芽に
たれ落ちた。陰唇がキスをすると、二人の愛液は卑猥な音を奏で、淫らに掻き混ぜられる。
いやらしく濡れた陰唇は、感じっぱなしだ。

 痺れるような痛痒感が全身を愛撫する。

 子宮がきゅっと疼いた。カミラの蜜裂からはじゅぷりと体液がわき出る。

「はぁぁっ、はうんっ、あぁ!こ、こんなことして……ふっ、あ、あぁぁあっ、どうなる
か、はぁはぁぁ、分かってるのぉ……っ!?」

「前々から……犯して、やり、たかっ……たんだよ。上からぁ……命令、しやがってぇっ」
「あぐぐぅぅっ……あぁぁあぁ、んぁっ、口ごたえぇ、してぇぇっ、うぁぁぁぁあぁぁっ!」
「こんなエロい、ボディしてんだぁ……犯されるて、本望だろ……」

――好き勝手、言って……

 口々に、自分を正当化する主張をうそぶく。だらしなく開いた口からはよだれがたれ落
ちていく。カミラの額におちた雫はねばねばと弾けた。

 カミラは不快さに眉根をしかめてしまう。

「私……うふぅっ、はあぁ、主さまとぉ!抱ければ……悔いはぁ、あふっ、にゃあぁ、あ
りま、せんんんんっ!」

 歓喜にむせび泣く女性は甘い体臭をまき散らす。汗が毛穴から噴き出る。にび色の全身
が濡れ光、鮮やかな色合いに変わる。匂いにつられたゾンビたちは、落ち着きなくそわそ
わし始めた。

「おぉぉぉぉっ……俺、我慢できねぇ……!?」

 男のゾンビがぶるぶると腰を震わせる。股間を覆うわずかな布切れが、逞しく盛り上が
っていく。布地の裏側にはりついた太い棒。わずかに振動したそれは布にシミをつくった。

 他のゾンビたちもそれぞれ股間を手で押さえ、歓喜に口をおののかせる。

――まさか……私に、男性器を擦りつけようって……いうの。

「ダメだ……エロい女を……犯してぇぇっ……」

 ゾンビたちのなかには、腰にまきつけた布を脱ぎだす者もいる。
 実験で見慣れたペニスの群れ。肉茎が異様に長かったり、表面に血管が浮き出たりと、形
状はいろいろだ。大小さまざまの男根は一様に、カミラと焦点をあわせてくる。

 傘のひらいた鬼頭がカミラの恐怖をあおる。尿道口がひくつき、透明な雫を滲ませていた。
凶悪にそそり立った肉棒に意識を吸いこまれ、カミラは唾を呑みこんだ。鼻につく、すえた
異臭が漂う。ドリュアスの匂いは芳しかったけど、こちらは鼻につく臭いだ。すさまじい刺
激臭に、息がつまりそうにある。

「はっ、やぁぁっ……そんなのぉ!あふぅ、ふぁあぁぁっ、近づけるなぁ!」

 肉棒の先端が左右から、カミラの耳朶にくっつけられる。耳たぶに生温かい先走りを擦り
つけられる。ねちゃねちゃと、くぐもっと音がこだまする。鬼頭が耳の穴をふさぎ、いやら
しい体液を塗りたくる。まるで水中に潜っているようだった。身体じゅうがうすい膜につつ
まれ、音が遠くから聞こえるのだ。

 鬼頭の表面は柔らかく、芯には適度な硬さがあった。男根の弾力が、耳の皮膚に水っぽく
跳ねかえる。生々しい肉の弾みとともに、水音が耳のなかに弾けていく。

「ひっ、あぁあっ、きひぃぃっ……耳がぁ、はぁぁ、んふっ、汚れるぅぅっ」
「耳……いい、触り……心地だぁ……」

 ゾンビの顔は至福にゆるむ。あごを仰け反らせ、目をつむった。膝立ちの足腰は微弱に痙
攣していた。腰を何度も退いては、さかんに前に突きだす。

 自分は屈辱的な怒りに苛まれているのに、ゾンビたちときたら悦んでいる。カミラの尊厳
はボロボロにされていく。ゾンビはカミラに仕える存在なのだ。主従関係の崩壊した有様。
まるでゾンビたちはカミラを支配したものだとばかりに、女体に分泌液をマーキングしてく
る。物のような扱いをされるのが悔しかった。

 蹂躙された両耳は湿り気にふやけていく。卑猥な水音が響き、胸の鼓動が掻きたてられて
しまう。

 耳に飽きたらず、ゾンビたちはカミラの肌に肉棒をこすりつける。太腿や手足に、軟体動
物が這うようなヌメヌメ感が怖い。男根の割れ目が通った跡は、いやな生々しさがの残る。

「くぅぅんっ、ひうぅっ、あ……あつ、いぃぃぃのぉっ!」
「ダメ、うくっ、はぁぁっ、ですよぉ……よがって、うふぅ、きゃひぃっ……ばかりじゃ
ぁ……あぁ、はぁぁっ!あぐぅんっ、なくて……きゃっ、ひぃぃぃんっ、みんなに、奉仕
しないと」

 肌をあわせる女性はカミラを抱き起こした。膝立ちにむかいあわせると、淫らにもだえる。
ぐいっと胸をつきだし、より密にくっつきあう。たがいの双乳が抱擁し、乳首がキスをかわ
す。淫熱が肌の表面にこもる。女性は手近にあった肉棒をひきよせ、ぽっと羞恥に照れた。

 張りのある双乳が押しつぶされ、胸元には卑猥な影をできる。豊かな乳房がひかえめな
胸を取り込んでいた。たがいに貪りあい、いじらしい汗にあやしく輝いた。

「ひぃっ……んぁ、にゃっ、なにをぉ、するつもりぃっ」
「はぁ、うぐぅっ、みっ、みんなで……気持ちよく、んんっ、あはぁ、なり、ましょうっ」

 女性は肉棒を胸の下にもぐりこませた。もぞもぞと薄気味悪い触感とともに、胸元が抉ら
れる。胸の側面を圧迫した男根は、にょっきりと谷間から鬼頭をだした。すえた臭いが間近
に迫り、目まいがした。

 赤黒い肉塊がうごめいている。眼前にせまった尿道口は、歓喜にわなないている。先割れ
からは先走りをたらし、胸の谷間に沈んでいく。びくんと跳ねた淫棒は、胸を圧迫する。

――やっ、なんて変態な趣味……

「あっ、あうんんっ、いっしょに、いぃっ、奉仕……きゃあぁっ、あひぃ、してください
いぃっ!」
「あひぃぃっ……い、いますぐぅ、うんんぅっ、あ、あうん!とってぇぇぇっ!」

  女性は積極的に男根をパイズリする。たわんだ乳房がカミラの肌に擦れた。女性はうっと
り瞳を閉じ、肉棒の刺激を堪能する。
 肉棒はいやらしくもだえ、先走りを吐き散らす。淫棒にあたる乳首がかるく摩擦された。
ゾンビは男根をしごかれ、愉悦にうち震えていた。

「だめだめぇぇっ!……んくっ、はわぁっ、それ以上ぅ、んんっ、あひぃ、こす、らないで
ぇっ!」
「もったいない、んんむ、あむっ、ですよぉ……ひゃぁぁつ、あぁっ、こんなに、おいしい
……のにぃっ」

 気分の乗った女性は、しだいに情熱的に肉棒を挟み込んでいく。胸の左右から両手を押し
あて、上下に男根をゆすった。女性の乳房は絶妙にゆがんでいる。
 肉棒の血管が濃くなり、どす黒い色に染まる。おへそにつく勢いで、肉竿がすさまじく反
り返っている。

 男性は高ぶり、自分から腰をふり始めた。

 硬さを増した芯は、乳房を荒々しく掘り進む。谷間に沈みこんでは、にょっきりと顔をだ
す鬼頭。胸を下からもちあげられ、淫熱に乳腺がくすぶられる。乳芯がじっとりしびれ、神
経が快感に溺れてしまう。

 胸が肉等の形に作り変わっていくような錯覚。鬼頭のくびれが柔肉を犯す。乳首が肉棒に
けずられそうで、甘酸っぱい痛痒感があった。

「ご主人さまもぉ……うふぅ、はぁぁっ、いっしょに、あわぁっ、ひくぅぅっ、気持ちよく
ぅっ……うぁぁぁあっ、なってくださぃぃぃぃっ!」
「だぁっ、やぁぁっ……こんな仕打ちぃっ、あぁ、ふわぁぁんっ、勘弁してぇぇぇぇっ!」

 自分の胸から手を離し、女性はカミラの両腕につかみかかる。カミラはとっさに腕を遠ざ
けるけど、しつこい追跡につかまってしまった。

 両腕を絡みとられたカミラは、上半身をあやつり人形にされてしまう。無理やり自分の乳
房を掴まされ、力づよく側面を押し込まされる。上下にのびた双球はラクラクと肉棒を包み
こむ。

 満足したゾンビはパイズリに歓喜する。

――私の胸……おかしくなるのぉぉっ……

「んはぁぁっ、あうんんっ、うらやましぃぃっ……こんなに、くふぅぅん、あ、あぁ、おお
きな胸でぇぇぇっ」

 男根の大半をつつんでいるのは、カミラの双球だった。この女性一人の乳房では、パイズ
リをできるかどうかは、ギリギリだった。カミラの胸に埋没しては、ほどよい刺激を送りこ
んでいる。

「くそぉ……ずりぃなぁ、俺にもやらしてくれよぉっ」
「仕方、ない……こっちで、我慢する……かぁ」

 他のゾンビたちは、女性やカミラの身体にペニスをこすりつけた。背中やうなじ、脇腹。
たくさんの肉棒が切っ先で女体をもてあそんだ。ぬめった肌は生温かな汁にむず痒くなる。

「うごぉぉぉぉっ、俺……そろそろ、いきそ……うぅっ……!」 

 うめき声をあげたゾンビは、喉仏を震わせる。
 肉棒が暴れまわり、乳房の摩擦面を縦横無尽にへこませる。痙攣しまくりで、表面では
血流が激しく脈打つ。たくましい肉竿はくるおしく乳房を圧迫した。先走りの溢れた切っ
先は、滑らかに胸をつきまくる。先割れがわななき、ぶわっと膨張した。

「おぉぉぉぉおっ!お前ら、の胸ぇ……俺色に、そ、めてやるぅぅぅぅぅ!」

 びゅるる、どびゅ、べちょねちゅるぅっ。

「あっ、あぁぁぁあぁっ!い、いやぁぁぁっ、け、けがれるぅぅぅぅっ!」

 膨れあがった肉棒から、すさまじい勢いで白濁が噴き上がる。噴水のように、放物線を
描いて垂れていく。顔や鼻に白い筋をつくり、ねばねばが上半身にまとわりつく。

 男根は谷間を連続的に圧迫すると、ひときわ大きな白濁を迸らせた。粘着音とともに、乳
房が精液に蹂躙される。脱力したカミラの身体はぶるると震えた。揺れる白濁は、ねばっこ
く谷間をつたっていく。

 吐精した肉棒は至福にうち震えた。

「あはぁぁっ……素敵なお顔ですぅっ……」

 カミラの顔にこびりついた精液を、女性は舐めとっていく。顔じゅうには違和感がいっぱ
いだった。子種が熱い粘膜に洗われていく。舌のざらざらが毛穴をくすぐり、汗腺の深くに
唾液を塗りたくっていく。
 顔の神経が甘くとかされ、カミラは幸せな夢にまどろんだ。

「んくぅぅっ、あひぃ、ひゃぁぁぁっ……身体がぁ、あんんっ、んふぅ、だるぃぃぃぃっ…
…」
「まっ赤なご主人さまぁ……すごいぃっ、色っぽいですぅぅっ」

 白濁が拭われたかわりに、顔じゅうが唾液でいっぱいになる。
 あえいだ女性は子供っぽい。もとから童顔だったけど、肌をかさねているうちに情が移っ
てしまった。保護欲をくすぐられてしまう。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

長谷川名雪

Author:長谷川名雪
初めまして、長谷川名雪と申します。
シナリオライター・小説家などを目指して修行中です。
このサイトでは主にエッチぃな作品を載せていきます。
よろしくお願いします。

sidetitleフリーエリアsidetitle
どんなHシーンを読みたいか投票ください
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
妹 (7)
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle中野梓sidetitle
sidetitle今日は何の日?教えて慧音先生sidetitle

まよねーず工場
sidetitle摂氏/華氏 温度変換器sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。