FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

犯されたネクロマンサー

代々、ゾンビの生態実験をしてきた一族――ネクロマンサー。
ネクロマンサーの一族に生まれたカミラは、先祖代々の宿願を受け継ぎ、
自らも完全なるゾンビの創造に励んでいる。
ゾンビの創造――それは非人道的な行い。
特殊な操作を施した人に、ゾンビの子種を浴びせることである。


*注意 この作品は凌辱を含みます。
    おそらくこのブログに来ていただける方には、純愛エッチを好む
    方が多いでしょう。
    そういうシーンに嫌悪を覚える方は、閲覧しないほうがいいです。 
 
    あとこの作品を無断で借用するのは禁止します。
    (他の作品がいいという訳ではありませんが……)
    もしそういう方がいるなら、管理人に連絡をください。
    用途次第では、許可するかもしれません。
    
    などと偉そうなことを申しまして、すみません。
    私の文章は未熟ですし、そのような事をなさる方はいないと思い
    ますが。

    皆様が楽しんで頂ければ、望外の嬉しさです。
FC2 Blog Ranking にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村
「ひっ……やぁっ……」

 一人の女性が怯えている。
 ボロボロの衣服はところどころひき裂かれまくりだ。露出した肌はつややかで、若さに満
ち溢れている。驚愕に瞳をおおきく見開き、胸を両手で隠す。

「お、女だぁ……あぁ……」

 女性を取り囲むようにして、複数の男たちが立ちはだかる。
 男たちの瞳はうつろだった。そのくせ女性を見つめる目は、ギラギラと獣欲をたたえてい
る。覚束ない足取りで、ふらふらと女性に近づいていく。唇からはだらしなく涎をたらし、
理性を感じられない。

「こ、こないでぇ……」

 女性はじりじりと後ずさるが、そのうち行き止まりの壁にぶつかる。
 栗色の髪はショートカットにまとめられ、ところどころほつれている。肉付きのうすい
胸がこわごわとと揺れた。腰から太ももにかけて、ほっそりとしている。目はくりっとまる
く、愛嬌のある顔立ちをしている。恐怖に引きつっていなければ、さぞかしキュートにち
がいない。

 身長はちいさめで、小動物のような印象をうけだった。

 ここはネクロマンサーの実験室。あらゆる窓はカーテンで閉められ、部屋中はうす暗い。
いくつかのカプセルが設えられ、こぽこぽと泡を噴き出す。カプセルのなかでは、人間だっ
たものが培養されていた。
 遅かれ早かれ、あの女性もこうなるのだ。

「や、やめて……私が、なにを……したっていうの」

「ひひひっ……女ぁ、犯すぅっ……!」

「やっ……さわらない、でぇえ……っ!」

 女性の悲鳴が、室内に反響する。

 男たちはいっせいに女性に詰めより、肢体をたっぷり堪能する。女性はいやいやと身をよ
じるが、男の腕力には敵わない。女性の胸や太ももがいじられる。
 さわさわと男たちの魔手が、裸体に淫らな跡をつけていく。

「なんなの……!私はあな、たちの……道具じゃない……ぃ!」

 女性は発狂寸前だった。目がかっと見開き、ほほを恥じらいに染める。
 れろりと水気をおびた舌が乳首を刺激する。卑猥にうごめき、乳輪を舐めまわした。
 身体の感度は上がっていき、全身からむわっと甘い体臭がたちのぼる。乳輪は色濃くなり、
乳首はびくびくとしこりたつ。

「やっ、乳首たっちゃ、うんんっ、……だめぇっ、あっ、……こんなのぉっ、気持ちよく…
…んくぅ、ない、のにぃっ……」

 女性は身体をヘビのようにくねらせた。じゅぷじゅぷと股の部分が濡れていく。水を吸っ
た服は、ぴたっと股間に張りついた。布ごしに、女性の大切な部分がしっかりと表わになる。
二枚の花弁は布にくいこみ、いやらしく開閉する。

「まったく……茶番よね……いいかげん、成功しないかな。論文を書くのは、いつになるん
だろうな」

 女性の凌辱を観察するようにして、傍観者が部屋のすみで立ち尽くす。手持ち無沙汰な
傍観者は、寝ぼけ眼をこすった。その目には、うっすらと隈ができている。
 傍観者――カミラはしばらくこの実験を続けている。研究に熱心なカミラは徹夜だった。

「こうも変化がないと、暇だな……」

 カミラはあくびをかみ殺し、女性の経過を観察する。その目には憐みなんて微塵も含まれ
ていない。眼前の処理を事務的にこなしているのだ。

 全身を黒い衣装がつつむ。

 肌の露出のおおい服で、お腹の部分が丸見えだった。おへそのくぼみが挑発的だ。すらり
としたお腹は柔らかそうにに波うつ。下半身はスカート状で、太ももが外気にさらされてい
た。スカートのひらひらが股間を撫で、きれいな太ももを惜しげもなくさらす。足は黒のタ
イツにつつまれ、優雅に足を組んでいる。発育のいい胸が、衣装を強調するのだ。

「やだな……肉がおちた」

 カミラは目を伏せた。全体的に理知的な顔立ちで、ぱっと見はクールだ。形のいいまゆ
は整えられ、作業用に髪を左右に分けている。柔らかな曲線を描いた瞳、厚ぼったい唇。
鼻はつんと天井を仰いだ。

 男の視線を釘づけにする器量をそなえた肢体。カミラの素性を知らなければ、男はかんた
んに引き寄せられるだろう。

 後ろに結わえたポニーテールが、ひらりと揺れた。
 カミラの視線の先では、輪姦が行われている。そのうちの男の一人、腹の肉がごっそりと
抉れ、床に落ちる。腐敗した肉はにごった色彩だった。どろどろと床の上で崩れる。

――やっぱり……完成品にはほど遠いな……

「ひぎぃっ、お、おかしいぃよ……っ!ふんんっ、なん、なのこの……あぁぁつ、人たちぃ
……!」

 気のおかしくなった女性は、男の腕のなかで暴れる。目を剥いた顔はすさまじい形相だ
った。
 ひどくそそられる。カミラの胸はドキドキと高鳴り、股間から愛液が滲んでしまう。

――あの子、かわいいな……できれば、私が食べたいぐらいだけど。これも実験のため。

 先祖代々、カミラの家系ではゾンビを作ってきた。どれもこれも腐りやすく、すぐに主
人の命令を無視するようになる。
 困ったものだ。
 憧れの先祖に負けないように、カミラの宿願は完璧なゾンビを制作することなのだ。

――ゾンビの作り方もエグイよね……まぁ、生命の営みとしては神秘的なんだろうけど。

「やっ……!あっ、あぁぁあぁ、っあつ……い、はぁっ、んひぃぃっ、……男の人のあれが
……あっ、あぁぁっ、私の股間にぃ……」

 女性を弄ぶゾンビの一人は、ショーツに鬼頭を押しつけている。ほのかに濡れたショーツ
に、先走りが擦りつけられた。男と女性の体液が混じりあい、ねちょねちょと卑猥な音を奏
でる。

「いい、感触だぁ……はやく、お、おまんこ……に……入れるぅ……」

 ゾンビはたどたどしい手つきで、ショーツを隅に押しのけた。
 未開の花園が姿を表す。左右の肉ビラは濡れひかり、ぱくぱくと淫らに開閉する。皮のむ
けた肉豆はそそりたち、連続的に痙攣していた。

 ゾンビは女性の股間に逸物を押しつけ、鬼頭の先で攻め立てる。男根は人間の男性器とは
変わらない。そいつの肉棒は異様に太かった。肉茎はぶわっとふくらみ、女性の手では掴む
のがやっとだろう。肉竿のくぼみは凹凸がはっきりして、鬼頭は立派に傘をはる。

「あっ、ひぃっ、そ、そんなの近づけ……ん、うふっ……ないでぇっ……」

「犯す……女、気持ちよくして……やるっ」

 ゾンビは女性の腰をつかみ、切っ先を膣にあてがう。膣はこぽこぽと涎をたらし、男のペ
ニスを濡らした。肉ビラはビクビクとふるえて、男の侵入をこばんでいる。

「やっ、やだぁ、やだぁぁぁあぁぁっ!ひぃぃっ、こっ、こないでぇぇぇえぇ……っ!」

「入れる……うおぉぉぉぉぉぉっ!」  

 ゾンビはひと息にペニスを突きいれた。肉棒は女性の胎内に沈み、きつい処女穴に包まれ
る。鼠頸部が女性の股間にぶつかり、ふぐりがぶわっと弾む。結合部の隙間から、愛液が勢
いよく飛び散る。

 みちみちっ、ちゅる、めりめりっ、ぶちゅ。

「あぁあっ、あっ、うんんっ、ひぃぃぃぃぃいぃぃぃっ……あひぃっ、いっ、いつぅぅぅぅ
ぅぅぅうぅぅぅぅぅぅ……っ!」

 絶叫は室内に響く。苦悶の表情を浮かべた女性は、全身を震わせた。揉み込まれた双乳が、
ぷるんとたゆむ。下腹がさざ波だち、流麗に揺れた。

 無残に散らされた処女膜。

 女性は目を剥き、唇を必死に噛みしめる。結合部からは破瓜の鮮血がこぼれ、淀んだ体液
と混ざりあう。ぽたぽたと垂れたシミが、床をバラ色に染めた。

――あんな大きなもの、よく入るな……人ごとだけど、感心しちゃう。

 カミラはぼんやりと性器の結合部に目をやり続ける。
 これも実験のうちだ。
 特殊な操作を施した人間に、ゾンビの体液を浴びせる。そうすれば新しいゾンビができる。
そういう作業を何十時間もくり返してきた。

「ひっ、やぁ、あぁぁあぁぁぁっ……こんな相手にぃぃっ、んぁぁぁあぁ、はううんっ、処
女を、あぁっ、はぐんんっ、奪われ、たあぁぁっ……あっ、悪夢だぁぁぁぁっ……」

 女性はしくしくとすすり泣く。力なくうな垂れ、瞳がうつろになる。

「へへっ……女の肌、やわらけぇ……」

「あぁっ、ひぃぃぃっ、さ、さわら、ないでぇぇぇっ」

「おっぱい……おいしい……」

「やっ、やぁぁぁあっ!……男の肌っ、ひぐっ、あんんっ、ゴツゴツしてぇ、かたいよぉぉ
ぉっ!」

「すげー、こいつの髪……なめらかだ……絹みてぇ……」

 へこんだ感情を逆なでするように、ゾンビたちはさらなる凌辱には励んだ。女性の胸を揉
み込み、ペニスを肌に擦りつけ、女性の髪で肉棒をしごくゾンビたち。ナメクジの這った跡
のように、女性の身体は透明な液体にまみれた。

 きらめく先走りは女性の理性を削りとる。雄の匂いに、嫌がる女性も惑わされていく。

「あっ、あぁぁっ!……なっ、なに、この香りぃぃっ……頭が、んんっ、ふぅぅうんんっ、
ぽわんって、あぁ、きゃふんんっ……しちゃうぅぅぅっ……!」

 女性の瞳から生気が失せていく。ひくひくと小鼻を震わせ、頬をうっとり弛緩させる。朱
色が目もとに混じった。

――ああ、初めてだったんじゃないの?それなのに、感じてるのかな?たいした淫乱だな。

 女性の顔は卑猥にゆがんでいる。快感と苦痛がない混ぜになり、赤裸々に上気していた。
口もとがゆるみつつも、眉にはシワがよる。

 正常位で犯された女性。男の突き上げにあわせて、身体が宙に跳ねまくる。しまりのない
唇からは、唾液がだらだらたれる。よだれは汗と混じりあい、粘着質に顔を彩る。

 犯すゾンビの顔はまっ赤にゆだった。顔じゅうの筋肉がこわばり、女性を掴む手に力がこ
もる。魔手が女性の腰に食いこみ、肉がくぼんでいく。

「この穴ぁ……気にいったぞぉっ……なかに出して、もいい……よなぁ」

 ゾンビはピッチの速度をしだいに早めていく。呼吸が荒々しくなり、全身の筋肉が引きつ
る。ぐちゅぐちゅと、結合部から白濁がしたたり、男の陰毛は肌に張りついた。

――いいわ。そのまま出しちゃいなさい。

 カミラは嗜虐的に笑んでしまう。ずっと静観していたら、凌辱シーンに興奮してしまった。
口のなかがねばつき、粘度の濃い唾液が粘膜にまとわりつく。

「えっ、なっ、中、だしぃっ……?だめ、だめだめぇっ!あんんっ、ひぐんんっ、あふっ、
そんなのぉぉ……うっ、あはぁっ、そんな、こと……ふぐぅっ……したらぁっ……私、もっ
……あ、あなた、たちの……はぁ、あぁぁぁっ!くひぃん……仲間にぃぃぃぃ……っ!」

 ペニスを突き入れたゾンビは、かくかくと腰を振りたくる。他のゾンビたちも、好きな
ように女性をもてあそび、限界が近づいているようだった。各々のペニスは血管が脈打ち、
限界まで張り詰めている。

「中だし、して……やる……くおぉおぉぉっ!」

「だ、出さないでぇぇぇっ!ひっ、ひぃぃぃいぃぃぃやぁぁぁぁあぁぁっ!」

 どびゅる、どくどくっ、べちゃ、びゅぐぐぅうぅっ!

 ゾンビたちはいっせいに精を迸らせる。
 腰をたたきつけ、子宮口に鬼頭を押しつけた。愉悦に腰を震わせると、女性の胎内に欲望
をぶちまける。

 背筋を弓なりにしならせる女性。膣内に収まりきらなかった精液が逆流し、結合部からど
ぷどぷっと溢れ出す。肉丘や陰毛はびしょ濡れだった。脱水したように、女性はびくびくっ
とアクメにひたる。

 先割れから勢いよく白濁が噴出した。まっ白なシャワーが降り注ぐ。濃い体液が、肌の上
で震えている。顔や胸、全身がゾンビたちの精液まみれだった。女性の下腹は波うち、精液
がゆったりとわき腹をつたう。

「あひぃ……あっ……あぁぁぁっ……だ、出さない、でって……言った、のにぃっ……」

 最後の一滴まで放出したゾンビは、肉棒で膣内を掻き混ぜる。ちゅぱっとペニスが抜ける
と、膣内からは体液が溢れ返る。男性器の形状を覚えた膣は、ひらきっぱなしだ。鮮やかな
膣壁がいやらしく振動している。

「ぐっ……あぎっ、ひぃぃぃいぃっ!あぁ、んぁぁあぁっ、か、身体が……も、燃え、るぅ
うぅうぅぅぅぅぅっ!」

――始まったかな?

 カミラは期待に胸をときめかせた。今までに何度も見てきたけど、人がゾンビに変質する
瞬間は飽きない。全身が甘くしびれて、心地よい発熱に襲われる。
 うめき出した女性は、床にうずくまる。限界まで目を見開き、ぎゅっと自身の喉をわしづ
かみにした。呼吸を荒げ、目じりから涙を溢れさせる。

 女性の肌はにび色にそまり、冷たい質感に覆われる。血色の良さが、失われていく。女性
がゾンビに変わった瞬間だった。瞳はあやしく濁り、あたたかな人肌は感じられない。だら
んと全身を脱力させている。

 ゾンビに理性はない。ネクロマンサーの命令を、ただ忠実にこなすだけだ。性欲や食欲は
健在で、取り扱いには苦労する。

「みんな、よくできました」

 カミラはぱんぱんと両手をたたき、腰を上げた。
 誕生したばかりのゾンビに近づくと、ゾンビたちはカミラに道を開ける。
 精臭がむわっと立ち上った。カミラは嗅ぎなれた匂いに酔いしれる。身体じゅうが淫らに
発汗してしまう。うずく身体をおさえ、新しいゾンビを観察した。

――うーん……わるくはないけど……いまいちかな。

 言うことは素直に聞きそうだ。それに形もカミラの好み。ただ致命的な欠点があるのが残
念だ。このゾンビは一年以内に腐ってしまうだろう。

――まだまだか……そりゃあ、ご先祖様が何百年かけてたどり着けなかった領域だからね。
すぐには辿り着けないか……

 ふぅっとため息を吐いた。今日の研究はこれでお終いだ。失敗は次に生かせばいい。
 絶対に腐敗しない、主人の命令には絶対服従、優れた能力をもつ。
 そんなゾンビをカミラの代で、完成させるのだ。

「あちぁ――もう切れちゃったな」

 研究をおこなうのに必要にな果物が、尽きてしまった。多少時間をロスするけど、取りに
いく必要がある。

「でも、これはどこにあるんだったかな?」

 しばらく考えても、思い出せなかった。そもそも自分は、その果物をどうやって手に入れ
たのだろう。

 逡巡のすえに思い出すのをあきらめた。

――クリスティンに聞こう。あの子なら、知ってるよね。

 研究室の後始末をして、クリスティンの部屋にむかう。閉じられた鉄扉の向こうには、無
機質なゾンビが整然と立ち並んでいた。 


//犯されたネクロマンサー2に続く


追記
この作品は、某所(と言いましても、分かりますよね)に投稿した作品です。
なんだかな……落選した色が濃厚なんですよね……
ひょっとしたらまだ選考途中なのかもしれませんが……
最近、運勢が……げふげふ。
多分、大丈夫ですよね。
美少女文庫とは違い、ブログに載ってる作品でも構わないと記述してありましたから。
ということで、ここに掲載しました。

アダルトブログランキングへ
  ↑ アダルトブログランキングという場所です。FC2やブログ村とは違います。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

長谷川名雪

Author:長谷川名雪
初めまして、長谷川名雪と申します。
シナリオライター・小説家などを目指して修行中です。
このサイトでは主にエッチぃな作品を載せていきます。
よろしくお願いします。

sidetitleフリーエリアsidetitle
どんなHシーンを読みたいか投票ください
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
妹 (7)
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle中野梓sidetitle
sidetitle今日は何の日?教えて慧音先生sidetitle

まよねーず工場
sidetitle摂氏/華氏 温度変換器sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。